Sponsored Link

1歳の誕生日祝い方 えっ!地域で違うの?

かわいい我が子の1歳の誕生日の祝い方も、
地方によってやり方は多種多様です。
私自身、思い込みで大失敗を犯してしまった一人です・・・。

1歳のお誕生と言えば昔から
「一升餅を背負わせる」のが一般的と言われています。

 

omochi.gif
私の故郷の長野県でも、
乳児をかごに入れ、そろばんと筆のどちらをその子が選ぶかで
将来を占ってお祝いをするのが普通でした。

沖縄では1歳の誕生日当日、
母親が黒米の赤飯を炊いて実家の仏壇に供える風習があるそうです。

「1歳の誕生日のお祝い」も、
「タンカーユーエー」と言い、
親戚の方がたくさん集まってお祝いをします。

百日祝いのように、
1歳の誕生日に神社にお参りする方も多くいます。
これは地域というよりも、
近くに神社があるかないかで決めるようです。

また「一升餅」という言い方も
その地域で「誕生餅」「踏み餅」など数多く存在します。

一個にまとめるか
2個の紅白餅にするかという違いもあるようです。

同じ日本の中でも1歳の誕生日のお祝い方は千差万別。

でも子供の誕生日はおじいちゃんおばあちゃんはもちろんのこと、
多くの人がお祝いするもののようです。
とても素晴らしいことですね。

でも昔からの習わしを大事にしている地域もあるので、
私みたいな嫁は要注意!