東京都のKさん はじめての誕生日は、はじめての入院

あれは、
あと1週間ほどで
1歳になるというある日のことでした。

 

お咳がひどいので、
お医者さんに行くと

「あ~だめ!入院だわ」
突然の宣告!

 

全く予期していなかった、
その午後至急入院となってしまったのです。

 


k0.jpg

病名は、仮性クループ症候群。


(ウイルス感染し、
喉頭に炎症・発熱やのどの痛みを伴った
かぜのような咳で始まり
ヒューヒューしたり、ケーンケーンと犬のよう咳が特徴)

 

まずびっくりしたのが、

小さい子の場合
点滴を引っ張って
外してしまうので、

骨折した時のような
ギブスに点滴がつながれていました。

 

 

もちろん片手は使えず、

その姿はとても痛々しく涙が出ました。

 

それ以外に
ビニールハウスのようなものでベッドを覆われ、

 

加湿器のようなものを、
設置されました。

 

ママも一緒に入るのですが、

 

出たくて出たくて
たまらないのです。

 

丁度ベビーカーの
レインカバーと同じ様な状態でした。

 

 

でも、お咳のほかは、

割合と元気でしたので
病院内をお散策したり、

 

ゆっくり絵本を読んだりして
病院ライフを楽しみました。

 

 

ただ夜など、

 

お咳のせいで呼吸困難に
陥ってしまう可能性があるために、

 

入院していなければ
ならなかったそうなのです。

 

 

1週間が経ったころ、

退院は まだなのかなぁ….と日々期待しておりましたが、

まだダメとのことでした。

 

 

もうすぐ1歳のお誕生日。

なんとかお家で祝ってあげられたら…

 

との願いが通じたのか

入院9日目のお誕生日前日に
退院許可が出ました。

ヤッタァ~!

とても うれしかった反面

パパもママもぐったりと疲れてしまい

その後の家でのお誕生日パーティーなのですが、

記憶も絶え絶えで、
思い出せないのが正直な所なんです。

 

 

ケーキは

買って食べたような気はするのですが、

プレゼントもなんだったのか?・・・

 

お誕生日パーティの写真も
何故かなく…涙

 


その後元気になって行った
エクスピアリの写真がこれです。

 


k1.jpg
そんな彼も もう8歳!

その時は、
まだいなかった弟6歳と

元気にサッカーやプールに
行ってくれています。



コメントを残す

CAPTCHA